[クリエイターの考]展示ブースだけでなく、展示空間を創る – ムラヤマ・山口 裕士

寄稿ARCHIVE
本記事は季刊誌『EventBiz vol.22』(特集 2021年、大注目のブースデザイナー)の内容をWEB記事用に再構成したものです。内容は取材当時のものです。

『EventBiz』vol.22|特集 2021年、 大注目のブースデザイナー
商談や新規顧客の開拓、パートナー発掘など、展示会にはビジネスを成功させるためのチャンスが無数に転がっている。そのチャンスを確実にモノにするためには、来場者が「見て」「入って」「体験したいと思う」ブースデザインが重要なカギとなる。本特集では、唯一無二の展示会ブースを生み出す選りすぐりの実力派ブースデザイナーに焦点を当て、その価値観やこだわり、アイデアの源泉を探る。

大切にしている考え方

「展示ブース(=意匠、モノ)」のみを作るのではなく、人々が訪れることによってその場所に生まれる「展示空間(=そのブースから生まれる付加価値、コト)」を創ることを常に意識している。

仕事の流れとして、まずはデザインの方向性を決める為、コンセプト構想から始める。その過程は最も大切にしている行程で、出来る限り時間をかけている。

デザインの方向性・空間設計(来場者の流れや展示の魅せ方)・その他演出等、全てがコンセプトに基づき一貫性を持って形になった時、「展示ブース」の在り方にうまくマッチした「展示空間」が生み出されると考える為であり、日々模索を続けている。

山口 裕士(やまぐち・ゆうじ)

ムラヤマ
デザイングループ 第1デザインセクション デザイナー
デザイナー歴:6年