[クリエイターの考]トライアル&エラーは幾度も行う – スペース・山田 夏輝

寄稿ARCHIVE
本記事は季刊誌『EventBiz vol.22』(特集 2021年、大注目のブースデザイナー)の内容をWEB記事用に再構成したものです。内容は取材当時のものです。

『EventBiz』vol.22|特集 2021年、 大注目のブースデザイナー
商談や新規顧客の開拓、パートナー発掘など、展示会にはビジネスを成功させるためのチャンスが無数に転がっている。そのチャンスを確実にモノにするためには、来場者が「見て」「入って」「体験したいと思う」ブースデザインが重要なカギとなる。本特集では、唯一無二の展示会ブースを生み出す選りすぐりの実力派ブースデザイナーに焦点を当て、その価値観やこだわり、アイデアの源泉を探る。

大切にしている考え方

感情に絆されたものにしない。月並みだが顧客の要望・悩みを形にすることが基本であり、そのためには広視野・広傾聴の姿勢で俯瞰と主観を何度も行き来し最適解を求める。手を練り・頭を回す中で焦燥や悲壮、煮詰まったときや間に合わせる為だけの思考になったときは手をとめ感情に絆されないようにする。空間とセールスが直結するブースデザインにおいて、あらゆる要素が濃密に交じり合うようにトライアル&エラーは幾度も行う。

山田 夏輝(やまだ・なつき)

スペース
名古屋本部 クエリエイティブ事業部 企画デザイン部 デザイナー
デザイナー歴:6年