[クリエイターの考]「自分が思う良いデザイン」は、企業の特色が出ない – スペシャライズ・藤井 照雄

寄稿ARCHIVE
本記事は季刊誌『EventBiz vol.22』(特集 2021年、大注目のブースデザイナー)の内容をWEB記事用に再構成したものです。内容は取材当時のものです。

『EventBiz』vol.22|特集 2021年、 大注目のブースデザイナー
商談や新規顧客の開拓、パートナー発掘など、展示会にはビジネスを成功させるためのチャンスが無数に転がっている。そのチャンスを確実にモノにするためには、来場者が「見て」「入って」「体験したいと思う」ブースデザインが重要なカギとなる。本特集では、唯一無二の展示会ブースを生み出す選りすぐりの実力派ブースデザイナーに焦点を当て、その価値観やこだわり、アイデアの源泉を探る。

大切にしている考え方

自己中心的な思考でデザインしない事。『自分の思う良いデザイン』を押しつける様に提案するのでは無く、顧客側の好みや特徴を調べた上で、それに沿った上でベストな提案が出来るように心がけている。『自分が思う良いデザイン』観から進められたデザインは、社名を変えても問題が無いようなデザインになりがちで、その企業の特色が出ないからである。

藤井 照雄(ふじい・てるお)

スペシャライズ
代表取締役 アートディレクター・二級建築士
デザイナー歴:18年