[クリエイターの考]形がカッコいいだけのものをデザインと考えない – アートフリーク・近藤 正和

寄稿ARCHIVE
本記事は季刊誌『EventBiz vol.22』(特集 2021年、大注目のブースデザイナー)の内容をWEB記事用に再構成したものです。内容は取材当時のものです。

『EventBiz』vol.22|特集 2021年、 大注目のブースデザイナー
商談や新規顧客の開拓、パートナー発掘など、展示会にはビジネスを成功させるためのチャンスが無数に転がっている。そのチャンスを確実にモノにするためには、来場者が「見て」「入って」「体験したいと思う」ブースデザインが重要なカギとなる。本特集では、唯一無二の展示会ブースを生み出す選りすぐりの実力派ブースデザイナーに焦点を当て、その価値観やこだわり、アイデアの源泉を探る。

大切にしている考え方

ただ単に形がカッコいいだけのものをデザインと考えない。機能的な合理性や構造と一体になった形状、そのデザインで伝えたい想い。それらが組み合わさって初めていいデザイン、美しいデザインだと思われるものと考える。時にデザインをするとき形に先走ってしまうこともあるが、一度立ち返り目の前にある情報を整理し、このデザインで伝えたいことを明確化しデザインをするよう心掛けている。

近藤 正和(こんどう・まさかず)

アートフリーク
スペースデザイン部 デザイナー
デザイナー歴:6年